2022年1月1日土曜日

2022年始のご挨拶

 久保田です。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。










2020年3月からロングランで、企業50年史のお仕事をしました。

ひとつの企業が誕生してから業界トップに登り詰めるまでのいきさつ、

各セクションが効果的に協力体制を築いている様子、

タテ軸とヨコ軸の両方を大勢の方に取材できて、

50年の歩みを超高速再生で把握でき、原稿の素材は大充実。


人に会うことそのものが難しいこの時期、

取材でじかに聞いて得られるものの大きさがよくわかり、

ごまかしのきかない生の現場を見ることがいかに貴重か、

より実感できました。


できないことも多々ありますが、

だからこそ、

できることを大切にしたいと思いました。


皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。


自分自身の「大切なもの」を見つけたり、見つめたりする人が

増えているように思います。


より一層、

自分のものさしで「大切なもの」を

大切にしていける一年でありますように。


2022年も、

どうぞよろしくお願い申し上げます。


○制作実績ブログを更新いたしました。

https://corecaracorecara.blogspot.com/2021/12/blog-post.html


○「株式会社これから」が国内に数社存在しますので、

サイト検索は「株式会社これから 久保田」でお願いします。

https://www.corecara.co.jp/




2021年12月29日水曜日

制作実績ブログ更新しました


神戸元町商店街ホームページ 元町マガジン「うまいもん特集」

https://corecara.blogspot.com/2021/12/blog-post.html


SARAYAラクトフェリン研究所サイトリニューアル

https://corecara.blogspot.com/2021/12/saraya.html


株式会社Grand Prixコーポレートサイト

https://corecara.blogspot.com/2021/12/grand-prix.html


至宝酒ものがたり

~世界が心酔する、稀有な日本酒を探しに~

https://corecara.blogspot.com/2021/12/blog-post_28.html

2021年2月2日火曜日

くばる~空の木さんのこと~

2020年の夏、

空の木さんに取材したときのことを、今もよく思い出します。


正式なお名前は

特定非営利活動法人「夢織り工房 空の木」。

就労継続支援(しゅうろうけいぞくしえん)に取り組んでいる事業所さんです。

「はたらきつづけること」を「ささえる」場所です。

からだ、こころに「しょうがい」があるなどで、

働き続けることが難しい人を、支援しています。


施設長さん、全盲の利用者さんに話を聞いた経験は、

「がつん」とくるものでしたし、

ここで支援者として働く人のことは、とくによく思い出します。


その人は、

「こういう事業所で働くって、思ってみたこともなくて」

と、にこにこ笑いながら気持ちを話してくれました。


障がい者支援や介護などにかかわる資格も経験もなく、

どういう場所かも、はっきりとはわかっていなかったそうです。

初日、利用者さんが働くどころか大の字に寝転んでいるのを見て、

「私、えらいとこ来てしもたんでは」と、あぜん。


少し考えて、彼女がしたこと…

それは「よく見ること」でした。

利用者さんは、一人ひとりちがうから、どんな人が、いつ、どんな行動をするか知ること。

そして、

必要かなと思われるときに、

必要かなと思えることを、くばってました。


「気配り」?


「くばる」っていうと「気配り」とか「目配り」とか。

一言でまとめてしまうと、それに近いのかもしれないです。

彼女は、よく見て、聞いて、感じ取って、

「ここぞ」というときにだけ

「きっと、これはこの人にいま、必要かも?」と思うものをくばってました。


あるときは、優しい声かけかもしれない。

笑顔だけかも。逆にプンプン顔ってこともあります。

「自分だけでしたいんやろな」と思うときは「放置」。

「なんか、ひとりになりたいらしい」と思えるときは「見守り」。

そして必要なら、手を添えたり、背中をなでたり。


「私ね、支援っていっても、何をしたらいいか、ぜんぜんわからなくて。

わからないから、きっとこうやろ、いや違ってた、の繰りかえしで」


そんなある日、

利用者さんたちで「お昼ごはんを注文しよう」ということになったそうです。

目が見えない、人と会話するのが苦手、いろんなハンディを抱えた人たちだけで、

自分にできることを考えて協力しあい、

「このメニューは3つ、こっちは2つ」などと四苦八苦してリストにし、

お店に電話することができたそうです。

もちろん、そんなこと、初めてでした。

すごい前進で、みんなびっくりでした。


一歩ずつ変わるんやな。

その一歩ずつを支えているんやな。

その一歩ずつに、大きな意味があるんやな。

「やってあげる」がメインではなく、

「くばる」の成果が、こういうところに現れるんやな。


この世の中の、ほとんどの仕事って、

そうやって、よく見て、よく聞いて、感じ取って、

「くばる」ことなのかもしれないな。

私は「押しつけ」ではなく、彼女のように

よく見て、よく聞いて、感じ取って、

「くばる」仕事ができているかな。

「くばる」暮らし、やっていけてるかな。


空の木さんが支援している人だけじゃなく、

どこを見ていても

何かを抱えてつらい人、こころやからだが弱っている人が

増えてるんじゃないかなと思います。


「くばる」って、どうやったら、うまくいくだろう。

私も答は持っていないけど、

「きっとこうやろ、いや違ってた」の繰りかえしで、

「くばる」毎日を過ごしたいなと思います。


特定非営利活動法人「夢織り工房 空の木」ホームページ

https://www.soranoki2003.org/




2021年1月4日月曜日

2021年も、歩きます

 株式会社これからの久保田です。

旧年中は、たいへんお世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。













今年から、年賀メールのみのご挨拶にいたしました。

画像はデザイナーの中務慈子さんに

今年も作成していただきました。ありがとうございます。


また2020年3月より、

住所が変更になっております。


いろいろと、めまぐるしく変わっていきますが、

株式会社これからは、

2021年も、歩きます。


とくに、人が働いておられるところを歩きます。

少しおじゃまをしますが、

手を動かし、コミュニケーションをとりあって、

前に進む様子をナマで見て、

たいせつなところを感じ取って、

知りたいことは質問をして、

おもに文案で、さらにトータルで、

人と人とをつなぎます。


株式会社これからにとって、

最も大切な「すべきこと」は、

これからも、変わりません。


変わりゆくなか、

2021年も、

皆さまとともに変わらず歩きます。


本年も

どうぞよろしくお願い申し上げます。



2020年1月1日水曜日

2020年も、 どうぞよろしくお願い申し上げます






















久保田です。

取材に行くと、
仕事やライフワークに
のめりこんでいる人にいっぱい会います。

自分の絵本サロンに分身ロボットを招いたり、
人の手を加えない自然のなかで
おいしいお茶をつくっていたり。

どうしてそんなことできるの?
それって、たいへんじゃないですか?

だって分身ロボットって、
なかなか知りあいになれないのでは?

人が手を加えないお茶の木って、
虫に食われたり栄養不足になったりしないの?

じっと見つめて、
いろいろ試して、
いいなと思う道を行くと、
不思議なくらい、
拓けていくとのことです。

「仕事やライフワークに」じゃないですね。
「仕事が人生」「人生が仕事」くらいに、
どこまでいっても楽しみなんですね。
しんどいことも、
「しんどかったなあ」と、体験の一つにできちゃうんですね。

2020年は、どんな年になるでしょうか。

じっと見つめて、
いろいろ試して、
いいなと思う道を歩み、
拓けていく一年でありますように。




2019年9月17日火曜日

1944年の日本人

久保田です。


3年連続で、
国際貢献学部の取材記事を書いています。

連続で担当できる仕事というのは
いろいろメリットが大きいです。

人によっては
新鮮さがなくなるって感じるかもですが、
私にとっては逆です。

一つの学部が核とするテーマに正面から向き合って
リサーチや取材を重ねていくと、
特集の企画を出すにしても
「そうか、こういう切り口がある」と
裏付けのある「新鮮な一手」を繰り出すことができます。

最初の頃が「闇雲な提案」に偏りがちなのと比べれば
リアクションに裏付けられる「新鮮な一手」は、
私のようなつくり手と、
吟味するクライアントさんと、
そしてきっと読者にも手応えをもたらすはずです。


















開学前から
国際貢献についての取材を進め、
海外の人と日本人とのコミュニケーションについて
さまざまな話を聞いてきました。
いい話も多いけれど、
世界に辛い現実が多いことも迫ってきます。
20代の学生が実際に目で見て、体感している現実として
知らされることも多いです。

世界に出ていく学生さんや
外国人を迎える学生さんと話をしていると
必ずといっていいほど出てくるのが
「私たちは、日本について、まだまだ知らないことが多すぎる」
という話題です。

ついこの間までは私も
「そうだなあ、いろいろ知るべきことがあるはずやんなあ」と
ただ、うなずいているだけでした。

それが今年に入ってふと
「私は外人さんと友人になったら、どんな話をするかしら?」と
考えるようになりました。


















1944年に日本人はなにをしていたのか、
もし話題に出たとしたら、
私はどの国の人とも、
ちゃんと会話ができないように思いました。

どんなにすぐれた翻訳機があっても、
外国語スキルが奇跡的に向上したとしても、
何を言ったら誰がどう傷つくのか、
それを知らないという事実そのものが怖いと思いました。

1945年の日本には、
その前年が、その前々年があったはずです。

いま、海外から日本人が好感をもって
受け入れられる話をたくさん知っています。
それでも、
1944年に日本人はなにをしていたのか、
知らないままじゃいけないんじゃないかなと。

国際貢献学部の取材をして、
自分自身が変わっていくこともあるんだなと
ひそかに驚いたり、感謝したりもしています。